すべて表示

スタッフブログ

Human and Animal 土に吹き込まれた命

  • おすすめ

ずっと行きたかったのですが、毎度のごとく会期ギリギリ^^; 生き物がモチーフの展示が好きなので、ひとつひとつじっくり眺めて楽しみました。空間をまるまる使った奈良美智さんの陶芸作品の展示もあり(←豊田市美術館だったら人がみっちり!なレベルなのに、ここは本当に人が少ない…)、岐阜県現代陶芸美術館は春日井市からも近くとても穴場的なアートスポットだと思います。今回の土のアート作品はとくに生徒さんにも見てほしい。明後日20日までですが、行けそうな方は是非!

花、続々

  • 雑記

ドクダミとクチナシの白い可愛い花たちも終わりを迎え、少しさみしくなったところで姫シャラ、ミニひまわり、ミニバラが咲きはじめました!姫シャラは先月植えたばかりですがちゃんと花を咲かせてくれています。水やり頑張らねば(^^)

朝の見回り

  • 雑記

日曜日!今日もたくさんの生徒さんが来ます。ちゃんと準備できているか、はんぺん太朝の見回りです(^^)

今年初の蛹化!

  • 雑記

レモン、シークワーサー各一匹ずつ青虫が蛹になりました!数年観察を続けた成果で、今日蛹化するな、というタイミングがわかるようになってきました。木の枝を降りて、蛹になる場所を探しウロウロし始めたところを捕獲。プラケースに入れると数時間後には動かなくなり、翌日には蛹になります。今回、白い厚紙の仕切りを入れたら蛹の色も白っぽいグレーに!本当に毎回神秘的で見ていて飽きません。二匹とも無事アゲハになりますように…

ガリT届く。

  • 雑記

奥さんが当てた、ガリガリ君の40周年記念Tシャツが届きました!意外と主張控えめで、いい感じ。さっそくレッスンの日に着てみよう…

中川岳ニ

  • おすすめ

先日の藤森民雄さんに続き、こちらは従兄弟の木工作家・中川岳ニ君。2017年の飯山市美術館の個展に行った以来、会えていませんが、中野市にあるとてもかっこいい自宅兼工房で作家活動をしています。個性あふれる独特なキャラクターが、これまた近未来的な乗り物に乗っている。4つの木の色を用いた寄せ木の技術は素晴らしいです。国内だけでなく海外からも注目されている作品、かわいいからひとつ欲しいけれど、なかなか入手かないません^^;

【くりえぃてぃぶ蔵書】琉球紅型

  • お気に入り

こちらは沖縄復帰40周年記念の展覧会で発行された図録です。 紅型(びんがた)とは、沖縄の自然をモチーフに、色彩豊かに写し込んだ色とかたちが特徴で、京友禅や江戸小紋と並び日本を代表する染物です。沖縄の言葉で色をさすことを「イルクべー(色配り)」と言うそうですが、顔料と天然染料を併用した彩色の技法には学ぶところが多いです。南国らしい鮮明な色彩と大胆な配色、眺めているだけで沖縄の空気に包まれそうです(^^)

実のなる植物たち

  • 雑記

シークワーサー、パプリカ、ミニトマト…今年も順調に大きくなっています(←僕はベランダで眺めるだけ)特にシークワーサーは毎年食べ切れないほど採れるので、秋になったらほしい方におすそ分けします。焼き魚のお供にピッタリですよ(^^)あれ、トマトの鉢の向こうに白くて細いニョロニョロが…

【くりえぃてぃぶ蔵書】ワンダーガーデン 生命の扉

  • お気に入り

世界でいちばん美しい図鑑絵本、とあるように世界中の大自然に生きる動物たちを描いた図鑑です。クリスティヤーナ・S・ウィリアムズの緻密な絵も色鮮やかで素晴らしく、生命力に満ち溢れた一冊です。グレートバリアリーフの珊瑚礁の激減や、温暖化による北極の氷山の融解など環境問題を考えるきっかけにもなりそうです。

藤森民雄

  • お気に入り

これは2017年の夏に茅野市美術館で開催された、『藤森民雄展 生きること、その揺らめき』でいただいた図録です。藤森民雄氏は僕の母方の叔父になります。僕が彫刻に惹かれるようになったのは民雄さんの存在があったからこそ。最近、民雄さんから住居を東京から長野の原村に移したとハガキが届きました。原村!星はきれいだし、本当に自然豊かないいところなんです。リタイアしたら僕も移住したい…彫刻に興味のある方は図録、お見せしますので声をかけてください。