すべて表示

スタッフブログ

グリーンピア春日井

  • 雑記

11月に入り、残り3つのうちの蛹の一頭がアゲハ蝶に。気温はまだ20℃前後を推移していますが、自宅周辺はすでに花が咲いている気配はなく。奥さんと調べて、グリーンピア春日井のお花畑に放すことにしました。比較的寒さに強いモンキチョウなど、小さめの蝶はたくさん飛んでいましたが、他のアゲハの姿は見当たらず…寂しいかなぁ。でも、花の蜜はたくさんあるから、お腹が空くことはないはず。朝晩は葉っぱに隠れて寒さから身を守るんだよ〜!グリーンピアには、温室や動物エリアもあり、のんびり散策を楽しめるよい施設です(^^)

島旅⑰ 小豆島 迷路のまち

  • アート

今回、小豆島で行ったエリアは土庄港周辺、屋形崎、中山千枚田、三都半島、草壁港周辺でした。ワンウェンチー『ゼロ』など、規模の大きい新作もほぼ鑑賞できて満足です。次回の瀬戸芸では、瀬戸内の島の中でいちばん標高が高いという寒霞渓にも行ってみたい。小豆島は牛の形をしているので、場所を確認するとき「今は背中のあたりだね〜」などと言いながらわかりやすくて良かった(^^)ギネス認定された、世界一狭い土淵海峡もありました。お土産はもちろん、お醤油とそうめん!

  • 島旅⑰ 小豆島 迷路のまち
    島旅⑰ 小豆島 迷路のまち

    島旅⑰ 小豆島 迷路のまち

島旅⑯ 小豆島

  • アート

昨日は女木島、男木島を周り、夕方に高松戻り、再びシェアサイクルでおいでまい祝祭のアート作品を巡り、夜発のフェリーで小豆島へ移動したので、日曜日となる最終日も朝からスタートダッシュ!今までまわった島に比べ、圧倒的に大きく、島にいるということを忘れてしまいそうでした。奥さんイチオシの、新漬けオリーブが解禁されたばかりで、たくさんお土産に買いました。オリーブうどんがとても美味しかった!!

  • 島旅⑯ 小豆島
    島旅⑯ 小豆島

    島旅⑯ 小豆島

島旅⑭ 女木島

  • アート

この日は高松港から赤いボーダーが特徴のフェリー 、めおん号で女木島へ。別名鬼ヶ島、岡山の桃太郎はこの女木島まで鬼退治に来たんですね〜!島の至る所に鬼のモニュメントが(なぜかモアイも)ありました。小さな島なので自転車よりも徒歩のほうが移動に適していましたが、アップダウンはきつめ!でも、坂を登りきったところにある作品や、島の町並みを一望するのはとても気持ちが良かった!佐久島にもある、ズラーッと並ぶかもめのモニュメントもありました。

  • 島旅⑭ 女木島
    島旅⑭ 女木島

    島旅⑭ 女木島

島旅⑮ 男木島

  • アート

午前中女木島を散策し、午後は再びめおん号で男木島へ移動します。男木島は港についてすぐ『男木島の魂』という作品が目に飛び込んできます。青い空に映えて、多様な文字の集合でできた屋根のリフレクションがきれいでした。土曜日ということもあり、昨日までは遭遇しなかった行列も。島猫にもたくさん会えました(^^)お昼ごはんは、月と太陽社さんに予約しておいたブッダボウルをTo Go、島のハーブをふんだんに使ったモヒートが美味しかった!

  • 島旅⑮ 男木島
    島旅⑮ 男木島

    島旅⑮ 男木島

島旅⑫ 豊島での一日

  • アート

楽しみにしていた豊島美術館。時間が許せばずっとこの空間にいたかったです。水の粒が生きもののように移動していくさまは美術館という概念を覆されました。周辺の棚田も美しかった!美術館の後は、島キッチンでお弁当。クリスチャン・ボルタンスキーの『心臓音のアーカイブ』も初体験!ユーミンや北野武の心臓音も収録されていました。夕方、豊島を離れ、高松へ。

  • 島旅⑫ 豊島での一日
    島旅⑫ 豊島での一日

    島旅⑫ 豊島での一日

島旅⑬ おいでまい祝祭2022と、やしまーる

  • アート

高松市では瀬戸芸の秋会期にあわせて『おいでまい祝祭2022』が開催されています。大好きなヤノベケンジさんのシップスキャットや小西葵さんのケダマがツボりました。高松市内は駅の地下でシェアサイクルが借りられるので、作品巡りにとても便利でした。夜は瀬戸芸の屋島ナイトツアーへ。晴れた空で屋島山上からの夜景は高松空港まで見渡せました。屋島には新しくできた『やしまーる』というSUO設計の 曲線が特徴的な施設があり、その中に日本で唯一のパノラマ館がオープン、見学してきました。朝から夜までアートづくしの日々が続きます!

  • 島旅⑬ おいでまい祝祭2022と、やしまーる
    島旅⑬ おいでまい祝祭2022と、やしまーる

    島旅⑬ おいでまい祝祭2022と、やしまーる

島旅⑦ 直島の朝

  • アート

早起きして、早朝の砂浜を散歩。アートサイトの敷地内にある黄色いカボチャ(復活版)とご対面。台風で流されて壊れてしまい、長らく不在でしたが、タイミングよくピカピカの再生カボチャの姿を見ることができました!杉本博司さんのガラスの茶室『聞鳥庵』も、朝食の前にじっくり見学。四千年前の屋久杉でつくられたテーブルで、ガラスの茶室を眺めながらコーヒーが飲めたり、杉本博司作品を間近で鑑賞できたり、ベネッセハウスでは貴重な経験ができました。アート好きな方には本当におすすめです。※杉本博司さんファンはパーク棟宿泊がおすすめ!

  • 島旅⑦ 直島の朝
    島旅⑦ 直島の朝

    島旅⑦ 直島の朝

島旅⑧ 犬島上陸!

  • アート

昼の高速船で直島から犬島へ移動。直島が都会に思える?ほどのんびりした島。犬島精錬所のレンガの煙突がどこからでも見えます。直島の家浦港もそうですが、SANAA妹島和世さんの作品が多い。(21世紀美術館で有名なウサギの椅子、犬島にもありました)人懐こいねこ。咲き乱れる野の花。歩いているだけで心身ともに浄化されていくようです。

  • 島旅⑧ 犬島上陸!
    島旅⑧ 犬島上陸!

    島旅⑧ 犬島上陸!

島旅⑨ 犬島精錬所美術館

  • アート

予想以上に良かった!!ぜひ行ってみてほしいです。煉瓦敷の歩道を歩きながら美術館へ。風化した製錬所の風景はタイのアユタヤ遺跡を彷彿とさせます。そして、美術館の中へ入った瞬間、そこからの回廊がすごい。そして、トイレもすごい。美しいきれいなトイレですが、たぶん今までの人生でいちばん落ち着かない作り(笑)。何を書いてもネタバレになってしまうので詳しく書けないのがもどかしい…(美術館内は一切撮影禁止なのも納得)とにかく、一度行って損はありません!

  • 島旅⑨ 犬島精錬所美術館
    島旅⑨ 犬島精錬所美術館

    島旅⑨ 犬島精錬所美術館